二日坊主娘

映画や本、音楽や人物などについて書くと思います。たぶん…。

『カフェ・ソサエティ』の稚拙な感想

こんばんは~

今日は熊本のDenkikanで『カフェ・ソサエティ』を観てきました。

Denkikan、いつ行っても良い…


デートで行きたいなと思いつつ、熊本在住時代は叶わなかった(あくまで個人的な)幻のデートスポットなのであります。

熊本に住んでる紳士淑女のみなさま、意中のお相手が出来たらぜひデートで行ってみて!

デートで観る近々のお勧め映画は(というか、予告とパンフレットしかまだみてないんだけど…)、『ムーンライト』。




f:id:sanaemc:20170531175024j:plain



しかし遠い昔、デートで映画を観ようということになった折りに、お互いが観たい作品をプレゼンし合ったところ、お相手の方から「あなたの選ぶ作品はどれもディープすぎる」と苦笑されたことがありました。


なので『ムーンライト』を見終わったあと紳士淑女のカップルみなさんがどんな空気になるかは不明です!!!

自己責任でおねがいします!(笑)


そして時期的な問題もあり、私自身はDenkikanでは観られなさそうというね…かなしいかな。




さて、『カフェ・ソサエティ』の稚拙な感想文と題してしまったので、素直に稚拙な感想文を書きましょう。



「あぁこんなキャッチボールができたらお洒落だなぁ」、「こんなふうにじっくりお互いを愛でることができたら素敵だなぁ」と大変勉強になりました。


Woody Allenの作品はほかにもいくつか観たことがあって(ミッドナイト・インパリ、マジック・イン・ムーンライトタロットカード殺人事件ブルージャスミンあたり)、だけどどれも、家の小さなスクリーンでの鑑賞だったんですよね。


それでそのいずれの作品も、イマイチに感じたのです。

だから、「世界中が絶賛するWoddy Allenの作品に惚れないとは、私の感性もしかして勿体ない…?」とちょっとざんねんな気持ちになったのですが、映画館のスクリーンで観たWoddy Allen作品は最高でした。


軽やかなテンポ感、遊び心にあふれた色使い、そしてキャッチーかつムーディーなジャズ。

そのどれもが、気づけばいつの間にか私の心を掴んで離さないひとたちで。


で、あー、家のスクリーンで観たから微妙だったのかもと思いました。


やっぱ映画は映画館ですよ!!!


ミュージカル映画を観るときも全く同じ現象が起きて、映画館で観るミュージカル映画は本当に最高なのに家で観ると最後まで観られない(笑)


早送りしないと観てられないのです。「歌ってばっかじゃねえか!」と的外れな苛立ちを覚えたりする。


やはり映画館で観られることを前提にして作られているからなのでしょうねぇ。



ということで新幹線がもう着きそうなので強制終了です!


稚拙な感想文でごめんなさい!
次回映画のことを書くときはもうすこしがんばりまーす。


春野早苗

プロフェッショナルに憧れる器用貧乏

タイトルから容易く想像できるかと思いますが
わたくし、
プロフェッショナルに憧れる器用貧乏なわけです。

少なくとも自分ではそう思っていて。


(器用じゃないだろ!という反論があれば広く受け付けます、お申し出ください笑)


そりゃあ限りもあるけれど

まずもって
おそらく多くの人よりかは興味関心の幅が広い

そして要領を得るのも割と早い

細かい説明を受けなくても大体の流れは把握でき、


平均点くらいのことはやれる自信があります。



(やれないことも多々あるけど!)



でもですよ、
もちろんその一つ一つに関しては浅いわけです。


そして、大枠の理解は出来ても
あくまで大枠、大ざっぱなわけです。



だから細かい面までは対応できない。



なんでかというと
第一に飽きっぽいという性質があるんでしょうね。


あれやこれや色々な分野に
ちょっとずつ手を出すのは得意なのだけど

というか気づけばそうなってしまうのだけど

一つの分野をコツコツとというのが
恐ろしいほどに苦手なのです。



それでやっぱり、
人は自分に無いものを求めるもので

私の場合は一芸に秀でた人に憧れるのです。


何か一つの道を究めている人

肩書きがシンプルな人

ある分野の専門家


そういう人になりたいと思う。



だけどこれ、無理ですね(笑)




そりゃあ必要があれば
ある分野についてある程度の知識と技術、
そして経験を積むこともあるでしょう。


けど、必要があれば程度です。



器用貧乏というのも一種の特性なのだから


器用貧乏は器用貧乏らしく、

マルチに活躍したらいい。



それを続けていきながら、
ああこの分野はもう少し究めたいとか

この技術はもっと向上させたいとか

自ずと出てくると思うのです。



そしたらそんときに頑張ればいい。



ただそれだけのことだなと思いました。





だから表現方法は下手に絞らなくてよくて


エッセイなり、詩なり、曲なり、
図工なり、触れ合いなり、
トークなりなんなり、、、


決めなくていいんじゃないですかね。


というか決められないしね。



そんなわけで今日は、
プロフェッショナルになることを
潔くあきらめた記念日です。




ある学童保育にて保育のアドバイスをする、
みたいな仕事を友人がやるのを
ちょっと手伝って思うことでした。



f:id:sanaemc:20170530081745j:plain


終わったあとの語らい


私は保育のプロフェッショナルじゃないから
アドバイスとか何もできないけど、

またちょっと手伝うくらいならできるし
(充分にできてたかは不明)

そこで私自身学ぶことがたくさんあって。



ああ

子供たちも大人たちも愛しかったです。



中身については、
専門家でもないのでコメントは控えます。




f:id:sanaemc:20170530081858j:plain





おなか減ったー!!!

交際するとはどういうことなの。

こんばんは。春野早苗です。

今日の月は本当にきれいですねぇ。


わたくし先日の双子座の新月を機に、
一日一投稿を心がけることにしました。

とりあえずは次の満月まで。

良かったらおつき合いくださいませ。



今日は、私の人生をかけた実験、

「パートナーシップは一対一であるべきか?問題」

についての第一弾。


パートナー関係を結ぶとき、
つまり「交際を始める」とか
「結婚する」とか決めるとき、

そこにはどんな意味が含まれているのか。


(今夜は「結婚する」は省いて
「交際する」ことに絞って考えます。)




「お互い以外とは性行為しない」?
「お互いを何よりも優先する」?


中には、何を意味しているか確認せずに
パートナー関係を結んでるカップルも
いるんじゃないかと思う。


人のことなので別に良いのだけど、

私は、中身もよく分からない約束を
大切な人と交わすことは
とてもできないなと思うのです。

お互いの認識が曖昧なまで交際するのって、
私にとっては不誠実な行為だから。





f:id:sanaemc:20170529002915j:plain





そんなわけで、
完全にこじらせてしまってる。




実際は
パートナーが欲しくないなんて
決して思っていないのに、

こういう主張をしているために
「春野早苗はパートナーなんか
要らないそうだ」と誤解されがちなのです。


それ、ちがいますヽ(;;)ノ





大切な人がいたこともあるし、

これからも大切にしていきたいと
思ったこともある。


だけど安易に「交際しよう」と言えなかった。

「好きです」とは言えても、
「おつきあいしましょう」とは言えなかった。



相手からも、
「好きです」「大切に思っています」
と言われたことはあったけれど
「おつきあいしましょう」は無かった。



f:id:sanaemc:20170529002949j:plain






交際するというのがどういうことなのか
まずはお互いの認識を
照らし合わせる必要がある。


だけどその前に、
どちらかが「交際したい」という熱意を
持つ必要がある。



その熱意を持つためには、
交際するとはどういうことなのか
その人なりに理解している必要がある。


だけどお互いにその理解が無かった場合、

どんなに好きで、どんなに大切でも、

たぶん交際には発展しない。



世の大人たちは、
交際関係について一体どんな認識を
しているのだろうか。


(続)

『抗い 記録作家 林えいだい』-使命について考える

f:id:sanaemc:20170527221032j:plain

      • なんで観たか-----------------

普段なら絶対に避けるようなタイプの映画なのですが、なぜか「番組で紹介したい!」と直感的に強く思い、紹介するなら観るっきゃないということで、うんとこしょと重たい腰をようやく持ち上げ、ドキュメンタリー映画『抗い 記録作家 林えいだい』を観てきました。


なぜ普段避けるのか、というか、そもそもどんなタイプの映画なのかというと、簡単に言うと重くて暗いイメージを抱くタイプ。


(これ悪口じゃないです。気分を害された方がいたら申し訳ありません!)



それでなぜそういうタイプの作品を避けるのかというと、作品との距離感を取り誤ってどっぷり作品の中に浸かってしまい、なかなか現実に帰ってこられなくなるからです。

要するに、しばらくぐったりした日が続いてしまうのです。


(じゃあ作品を観るときに距離を置けよという話なのだけども…)



それなのになぜ観たのか、そしてなぜ番組で紹介までしたのか、という答えは、最後にハッキリ述べたい。

      • 監督の西嶋さん---------------

当日は、運良く監督の西嶋さんとお話することもでき(感激)、作品のことはもちろん、作品と直接は関係のないようなこともいろいろとお聞きしました。

https://www.instagram.com/p/BUjEi1BF3Gg/
今夜ご紹介する映画『抗い』の西嶋監督にお会いしてきました!今夜九時からの放送にて、監督の声もお届けします。 【とりとめナイト 本日 5/26 (金) 生放送】今夜21時スタートのとりとめナイトは、【今夜のスポットライト】【ドキドキdictionary】をお届けします .今夜のスポットライトでは北九州の台所 旦過市場にある〈藍昊堂〉をご紹介、ドキドキdictionaryではドキュメンタリー映画『抗い 記録作家 林えいだい』を題材に、映画トークをば 。 (映画トークのテーマは、まだ未定のため、放送時にお伝えします。) 番組は、以下の方法でお聞きになれます .ラジオで聞くなら.FM88.2MHZ(エリアは北九州市若松区・八幡西区のみ) .ネットやアプリで聞くなら.リスラジ(http://listenradio.jp/).CATEGORY【全国のラジオ局】.CHANNEL【九州・沖縄】【AIR STATION HIBIKI】 .生放送中のお便り、お待ちしています!Instagramのメッセージよりお送りください.どうぞお楽しみに!#今夜のスポットライト #福岡 #北九州 #旦過市場 #藍昊堂 #あおぞらどう #ドキドキdictionary #映画 #ドキュメンタリー映画 #抗い #林えいだい #西嶋真司監督 #ラジオ番組 #ラジオ #AirStationHibiki #とりとめナイト


そして西嶋さんはその一つ一つに、なんともご丁寧に答えてくださりました。


モチーフとなっている林えいだいさんと同様に、地道な活動を実に真摯な姿勢で続けていらっしゃる方です。


向かい合ってインタビューしたのですが、あの真っ直ぐな眼差しは西嶋さんの生き様すべてが表れているように感じました。

      • 作品の紹介-------------------


この作品、タイトルの通り記録作家の林えいだいさんをモチーフに作られたドキュメンタリー映画です。


恥ずかしながら私、この作品を知るまではえいだいさんのことを存じ上げなかったのですが、この方は筑豊の負の歴史を明らかにして記録する、という活動に人生を費やしてきた方のようです。


作中のえいだいさんを見て、情熱を内に秘め淡々と活動を続けてこられた姿勢には尊敬を、そしてそんな生き方をしてきたからこそ醸し出される清らかな色っぽさには、強い憧れを抱きました。



まあ詳しくは、作品の公式サイトを参考になさってください。
http://aragai-info.net/index.html


      • なんで観たか--------------

私にとってこの作品のテーマは、「使命」です。

作中にも、作品のパンフレットにも、おそらく一度も出てこない言葉ですが、あくまで私にとっての『抗い 記録作家 林えいだい』のテーマは使命でした。


作品のモチーフとなっている林えいだいさんも、監督の西嶋真司さんも、ご自身の使命を知っている方でした。


だからあんなにパワフルな活動を、何年も何年も継続できる。


「なんでこんなにハードな活動を、こんなに長く続けられるのだろう?」と考えたとき、私はそんな答えにたどり着きました。



そして私の使命は、おそらく彼らのように第一線で活動している人たちのことを、興味も関係もさらさらない層の人たちに伝えていくことなんじゃないかと最近思うのです。


冒頭で、こういうタイプの作品が苦手と書いたけれども、裾野を広げる役割はそんな私だからこそやれる仕事なわけです。


この作品を観に行った理由はそこにある。


無知ゆえにいつの間にか戦争に巻き込まれていた、みたいな事態を避けるために、「暗い映画は苦手」という普通の若者だからこそ、同じく普通の若者たちに発信できるメッセージがきっとある。

だからちょっとがんばって、そういう作品を観る。そういう事実を知る。そういう世界に触れてみる。


そしてそれを、普通の若い人たちでも楽しめるような形にアレンジする。

たぶんこれが私の使命なんだろうなと思うわけです。



とりあえずはそう信じて、ちょっとがんばってみようかと思います。



『抗い 記録作家 林えいだい』は、以下で観ることが出来ます。

5/28(日)まで 東田シネマ
http://higashidacinema2014.blogspot.jp/
(会場:北九州市環境ミュージアム〈〒805-0071北九州市八幡東区東田2-2-6〉TEL : 093-663-6751)


6/2(金) 北方シネマ
https://kitagata-cinema.blogspot.jp/
(会場:北九州市立大学


以降、大分とか神奈川とかでも観れるそうです。


おやすみなさい。

投票率の低さに「うんまあそうよねぇ」って思う

選挙の投票率があんまり芳しくなかったそうで。
 
「政治ってよくわかんないから投票しない」
っていう声をけっこう耳にして、
それに対して「うんまあそうよねぇ」みたいに思う。
 
「それはあまりに呑気じゃないか」と、私の感じ方に違和感を抱く人もいると思うんだけど、
思ってしまうものは思ってしまうので仕方ない…。
 
なんで「うんまあそうよねぇ」って思うのかというと、
 
「自分の感性で受け取る」「自分の頭で考える」「自分の責任で行動する」っていうトレーニング、
 
私たちは あんまりしてきてないから、
いざ選挙となると、ふつうに困る。
 
投票するには、「自分の感性をひらいて」、「自分の頭で考えて」、「自分の責任で投票する」必要があるから、
 
それをほとんどしてこなかった身としては困るのです。
 
 
どちらかと言うと、「みんなと同じように感じて」、「波風立てないためにも思考はストップさせて」、「責任を取らなくても良いように行動しない」トレーニングをしてきたように、私は感じる。
 
(これは、私が感じていること。裏付けは無いから、デタラメかもしれないけど。)
 
 
 
だから、「自分の感性で受け取」り「自分の頭で考え」、「自分の責任で行動する」トレーニングをしてきてない私たちにとって、
 
投票することは、とってもむずかしい。
 
 
私は、「自分の感性で受け取」ったり「自分の頭で考え」たり「自分の責任で行動」したりする力が自分には全然足りていないと思っているから、
 
少しずつ力持ちになろうと思って、
自分なりにトレーニングをしている途中なんだけど、
 
素直に感じるって気持ちいい。
深く考えるって面白い。
自由に生きるのって、責任が生まれてちょっと大変だけどスゴイ生きてる実感があってイイ!って思ってる。
 
 
「政治ってよくわかんないから投票しない」って言っている人たちは、
 
たぶん政治だけじゃなくて色んなことに対して「よくわかんない」って思っていて、
たぶん政治だけじゃなくて色んなことに対して「よくわかんないから考えない」っていう態度なんじゃないかなあ、と思う。
 
(私の勝手な思い込みかもしれないけど、私は勝手にそう思い込んでいる。)
 
 
感じたり考えたりすること(これらは生きている人の特権だと思う)を放棄していた人の中に、
 
感じたり考えたりするのってなんか面白そうだな、やってみたいな、と思う人がいたら、
 
一緒に、感じたり考えたりし合えたらいいなあって思っている。
 
 
(誤解を避けるために念のため断っておくと、単純に「政治
 について語る場を増やそう!」って主張したいわけではな
 くて、どんな事柄でもいいから、自分の感性で受け取り、
 自分の頭で考える機会を増やそうっていう感じの意味!!)
 
たとえば、浮気って一体何なんだろうとか、
人はなぜ結婚をしてきたのだろうとか、
多くの女性はなぜ化粧をするのかとか、
(しかも化粧しない方が綺麗な人もいる)
ひまわり氏を思うと私はなぜ涙ぐむのだろうとか、
 
まあ、これらは私が最近気になって仕方ないことなのだけど
 
一見不毛であまりにもくだらない事柄について、
自分がどう感じたのか、そしてどう考え、どんな行動をとるのか(あるいはとらないのか)について語るのは、
 
 
これからを、人間らしく生き延びるために、
とても重要なことだと私は思う。
 
 
で。
 
私の立場で出来て、しかも私自身がやりたいことと言えば、
とりとめナイト(ラジオ番組)をそういう場にすることだなと。
 
色んな人が、心から安心して自分自身の感性で受け取って、
自分の頭で考えて、自分のことばで語る場になれたらなと。
 
ちなみに今日は最年少ゲストでした。
彼が出演するのは今週金曜21時の回です。

f:id:sanaemc:20160712165441j:plain

 

 

 

春野早苗

念願の「変態とスケベ」トークを

この前ようやくラジオで実現しましたー。

 

 

わーい。

 

 

あのねぇ、色んな一歩があると思うんだけど、

 

そういう、初めの一歩って

何より大切だなと思うわけですよ。

 

 

なかなか踏み出せないけど、

踏み出してみたら意外とフツウなの。

 

 

 

 

そういうの、最近毎日やってる。

 

 

毎日、新たな一歩を踏み出しているの。

 

ともあれ、踏み出してみたらなんてことなかった

「変態とスケベの違い」トークはこちら。

 

フツウに興味深かった。

 

おたのしみくださーい。

 

www.youtube.com

 

 

春野早苗

穂高養生園というエリザベス

五月にね、穂高養生園っていうところに行ってきました。

 

 

長野の山奥にあるんだけど。

 

電波はあんまり届かないし、

野生のサルとかいるの(笑)

 

それだけでアツい。

 

 

ちなみに、ココ↓

 

 

www.yojoen.com

 

 

電波届かないとか、

野生のサルとか、

 

もうそれだけで十分すぎるんだけど、

それに加えて、コンタクトインプロをしてきたの、

 

 

コンタクトインプロっていうのは、

 

 身体でする対話、みたいな感じで私は捉えてる。

 

 

ちこさんとしょうこさんっていう、

なんていうかな~、とにかく、「ぉおおおおおおおお!」

って感じになるお二人がいて、

 

そのお二人が、C.I.co.っていうグループ(?)をやっているのね。

 

アルファベットだらけで、私はいまだに覚えられないのだけど。

 

 

その、C.I.co.のお二人が、

コンタクトインプロのワークをやってくれました。

 

 

みんながたくさん写真を撮っていたので、

私は撮らなくてもいいや~って思ってたら、

 

ほんとに、

この一枚しか残ってない。

 

 

ちょっと悲しい。

 

 

https://www.instagram.com/p/BFtNAz_yssy/

I was in the Forrest.I don't know why , but I want to recover the wild.I love my life.

 

 

 

でもとても良い写真でしょう。

 

これは、ベランダでハーブティーかなんかを飲みながら

読書かなんかをしているアヤカを隠し撮りしたところ。

 

 

三日間アヤカと同じ部屋に寝泊まりして、

 

山中の温泉にも一緒に入って、

 

みんなとたき火を囲んでダンスをして、

 

そういう時間を過ごしました。

 

 

 

でねー、素直になる覚悟みたいな、

そういうのを身に着けた、不思議で貴重な経験でした。

 

 

 

福岡に帰ってきてから、ちゃんとアクションを起こしていて、

 

わたしやるじゃーん、っていう気持ちです。

 

 

 

穂高養生園も、C.I.co.

いろんな企画やってるので、

ぜひ遊びに行かれてみては~。

 

 

 

春野早苗