二日坊主娘

映画や本、音楽や人物などについて書くと思います。たぶん…。

時間堂WS(わたし的に)一日目

 

今日、時間堂という劇団がやっている
ワークショップに行きました

あ。いま東京来てるんですけど

このワークショップに参加したかったから
東京来た、というのが

一番の理由のような気がしています。

今日含め、3日参加します。

で、整理&備忘録として
振り返ります。

今日のワークでわかったこと一つ目

「わたしは、ポジティブなエネルギーを
外へ向けて過剰に発散することにより
何も感じないようにする傾向のある人間である」

ということ

二つ目

「そのことによって、感性・表現が浅くなっている」

といこと

で、それは残念だなあと思ったので

とりあえず

落ち着いてみた。

落ちついた状態で、
(ほぼ)同じワークをやってみた

すると、新たな世界に踏み入ることができた

どういうことかと言うと

「あー、わたしコレを怖がってる」
「はいいまブロックしたー!この感情ブロックしたー!」

というのが具体的に見えた

この感情とは、「好き」という感情

コレとは、「好き」を伝えること

自分が、
すぐ嬉しくなって、すぐ気持ちよくなってしまう…
というのには

前々から気づいてて

(インプロ=即興芝居の稽古でも、
指摘されたことあったの。
自分でも、感じてたしな。)

それは、表現の幅をかなり狭めてるなあと

思っていたから

今日のワークで

最近のモヤモヤの正体(感性・表現が浅くなる)を
つかめて

さらに解決策まで見つかって

いぇーい、ってかんじ。

ほんと、ほっとくとすぐ
嬉しくて気持ちよくて、それだけに
なっちゃうんだよねー。

そのことによって、

嬉しい、気持ちいい、の奥にある

さびしい、好き

に、触れることができなくなってたのね。

さびしい、好き、に触れるのは

怖いし恥ずかしいんだけど。

ま、今日は

怖い、恥ずかしい

まではたどり着けた。

たぶんね

外側の 嬉しい、気持ちいい

が剥がれることによって

怖い、恥ずかしい

が露わになったの

でも実はその、奥、には

さびしい、好き

が あるんだなー。

あるのはわかってる、けど
今日は出せなかった。

勇気がなかったから。

明日は、怖い、恥ずかしい、の先に
いってみようとおもう。

 

春野早苗