二日坊主娘

映画や本、音楽や人物などについて書くと思います。たぶん…。

俳優になりたいのか芸能人になりたいのか

こんばんは。東京めちゃくちゃ寒い。
春野早苗です。

似てるけど違うことについて、
どう違うのか整理します。

私は俳優になりたいのか芸能人になりたいのかについて。

これ、ちょっと似てて混乱してたんだけど
ていうか、ある時期までは
この違いにすら気づいてなかったんだけど(笑)

最近はっきりした。

恥ずかしいから
私は俳優になりたいのか芸能人になりたいのかについては、ここでは書かない。

ただ、恥ずかしくない範囲で書けることを書かせていただくと

俳優になることと芸能人になることは必ずしもイコールではなくて

俳優になったとしても芸能人ではない場合もあれば
俳優ではなくても芸能人である場合もあれば
俳優だし芸能人でもある場合もある。

さらに、俳優になることで芸能人になることもあれば
俳優になることとは別次元で芸能人にであるということもある。


まあ当たり前なんだけどね
ごちゃっとしがちじゃないかな。



さらに
俳優である、とか芸能人である、というのも曖昧な表現で
何を以て「俳優です」「芸能人です」って言うのかも肝心なところ。

俳優については難しいので後述するとして

まず、芸能人とはどのような人のことを呼ぶのかについて私の意見を述べると・・・


他人がその人を芸能人だと言い始めたら(笑)。


芸能人って、ガンバッテなるような類のものじゃなくて
気づいたらなってた、みたいな類のものかもしれないなあ、と思う。


周囲が勝手に、あの人は芸能人だ、と言い始めて
その人は芸能人に仕立て上げられるようなものじゃないかと。

まあ、わかんないけど。


で、どのような人を俳優と呼ぶのか…。

これはねえ、難しいなあ。

俳優業だけで食べてらっしゃる方を
俳優と呼ぶ、というお考えも耳にするけど

俳優業以外のお仕事もしてらっしゃる、素晴らしい俳優さんもいらっしゃるし

その逆?裏?対偶、?も無きにしもあらず。

だから、うーん、わかんない…。

ある方は、
「『私は俳優です』と胸を張って言えるほどの技術に基づいた自信を身につけたとき、あなたは俳優になります」
というようなことをおっしゃっていたけど

いつになることやら…。

私いま言えないなあ…。



ともあれ、
俳優であることと芸能人であることについての、私の認識は以上です。


それを踏まえて、
私は俳優になりたいのか芸能人になりたいのかについて書こうと思っていたけど

恥ずかしかったのでやめました。


こんなふうに、
整理するというのは大切だなと、最近思うようになりました。

実践と理論

本能と理性

直感的な行動と、その後の整理


どちらかだけでも良くない

どちらも必要で、しかもそのバランスがキモ。

そう思うようになりました。


こうして整理するのも大切だけど
整理するだけじゃ無意味だからね、


次のアクションに繋げていきます。

バランスってことで言うと

外向きのエネルギーと内向きのエネルギーもそう。


外に向かうアクティブなエネルギー


内へ向かう静かなエネルギー


どちらか一方でも良くなくて

どちらもバランスよく必要で
どんどん質と量を上げていきたい。


そのことについても整理しよう。

今日のブログでは書かないことにします。


今日はゴディバのアイスクリーム買っちゃった。


たべるのたのしみ。


では、また。


春野早苗