二日坊主娘

映画や本、音楽や人物などについて書くと思います。たぶん…。

久しぶりに島の言葉でしゃべったら心地よかった

こんちは、春野早苗です。

 

 

久々に、同郷の人と島の言葉でしゃべりました。

 

あ、私奄美大島っていうところの出身で

 

18歳までそこで暮らしてました。

 

 

大学はいったのをきっかけに、本土に出て

仕事も本土でし始めたので

 

ここ数年は

 

なかなか、奄美の訛りというか、

そういう雰囲気の喋りをする機会がなくて。

 

 

もちろん、島の人と電話するときは

口調も戻るけれども。

 

 

 

で。久しぶりに地元の人と会って

 会ったのがラジオだったんで

 

放送中も島の言葉で喋るか!となって。

 

 

 

とても心地よかったです。

 

 

その人とちゃんと喋るのは初めてで

会うのも四年ぶりくらいだったんですけど。

 

 

 

全然緊張しなくて。

 

 

言葉の力はでかいなあ、と思いました。

 

 

どんなに背伸びしても(してるつもりなかったけど)

 

 

やっぱり私はしまんちゅなんだなあと思いました。

 

 

 

それで、その人は上原一真といって

 

日本横断runした人なんですけど。

 

 

超面白かったです。


ここまで書いといてなんなんですが

緊張しなかったのは

言葉の力以上に

彼の持つ雰囲気のせいだったかもしれません。


喋った内容書くとアレなんで(笑)

アレというか、ネタバレになるんで

今日のブログでは

あんまり触れられませんが

会えて良かったに尽きます。


ちなみに放送は9/18(金)20時~です。

番組名  とりとめナイト

放送局  Air Station Hibiki

 

ネットで聞く場合は、リスラジというサイトからどうぞ。

↓↓↓

  http://listenradio.jp/

 

春野早苗