二日坊主娘

映画や本、音楽や人物などについて書くと思います。たぶん…。

わたしが働く意味

こんにちは~~

 

体に悪いとはわかっていながらも、

シュガーパンを飲むように食べるのが好きな春野早苗です!

 

 

さて今日は

わたしが働く意味について書きます。

 

 

 

というのも、わたしがパーソナリティを勤めている

ラジオ番組(実験型ラジオ とりとめナイト)

「あなたにとって働く意味とは…?」というテーマの特集を組んでいます。

 

(ちなみに三月いっぱいはこのテーマです。)

 

 

そんなとりとめナイトのHPはこちら

 

ブログはこちらです☆

 

 

 

 

それで、リスナーさんやゲストの方などに、

 

「あなたにとって働く意味とは?」とか、

「どんなときに働き甲斐を感じますか?」とか、

 

いろいろお話をお聞きしています。

 

 

まあ、

結論を出すことを目的としていない企画なので

 

できるだけみなさんには、

 

だらだらと好き勝手に脈絡無く

 

お話いただけるようにしているつもりです。

 

 

 理由はいろいろあるんですけど、

人それぞれ「働く意味」の答えは違うので、全体として結論を出す必要がないし、

とりとめないトークを気楽に聞いてもらいたいという、番組制作の思いもあるので。

 

 

 

それで、お話お聞きしていると自ずと、

 

自分自身にとっての働く意味を

ぼんやりと考えることになるのですが

 

 

 

私、殊のほか仕事が大好きということに気づきまして、

 

多分、仕事がないと、

経済的な問題だけではなくて精神的にだいぶ参ると思います。

 

 

 

プライベートでは大変に苦手なこと(人付き合いなど)も、

 

仕事であればほとんどのことが楽しいと感じます。

 

 

 

なんでだろう。

 

 

なんとなく思うことが二つあって、

 

 

一つは、

 

仕事にしてしまえば生活の中に取り入れられるので、

 

わざわざ新しくスペース*1を確保する必要がないから。

 

 

自分自身が無理なくそれをやれるということは、

 

気持ちにもお金にも時間にも何にでも、余裕が持てる

 

 

ということは、

 

より良い状態で相手と関わることができる。

 

 

っていうのはあるかな~と思います。

 

 

話はそれますが、関わってくれた相手には、

できるだけ多くの(大きな)ものを返したいなあとも思う。

 

 

 

そういうのもあって、

何かやりたいことが出てきたときには、仕事にどう組み込もうかな~と考えるようになりました。

 

 

 

 

 

もう一つは、

 

仕事でいろいろやる場合には

 

生身の自分自身ではなくて、

職業(仮面みたいな、洋服みたいな、そういうもの)に

守られている感じがあるからじゃないのかなあと思います。

 

 

それは不思議なもので、

 

別に、相手が何か暴力を振るうとか、

精神的にダメージを与えてくるとか、

そういうことは何もないのにも関わらずです。

 

 

 

基本的な性質に因るものかもしれないですね。

 

 

 

他人や社会と繋がっていたいと、切に思っていても

プライベートではそれがなかなか思うようにできなくて

自分には本当に手を妬いているのですが、

 

 

仕事を通してなら、

 

わたしでも、他人や社会と繋がることができる。

 

 

それが実現している今が、とても嬉しくて感謝しています。

 

 

あっ、あと、もう一つありました!

 

仕事って、多分、

 

循環が生まれやすい気がするんですよね。

 

というか、循環が成り立たない仕事は成立しないのかもしれない。

 

その循環性に惹かれているというのが、

わたしがなんでも仕事にしたくなる一番の理由かもしれません。

 

 

いろんな人やいろんな場に新しい仕事を作ることができたり、

求めているもの同士が出会うきっかけをつくることができたり、

 

 

そういうの、ものすごくうれしい気持ちになる。

 

 

 

 

明日も仕事がんばるぞー!!!!!!!!

 

f:id:sanaemc:20160105101407j:plain

春野早苗

 

*1:時間的なものや金銭的なものやエネルギー的なものなど